第48回兵庫県アマ王位戦決勝(第3譜)

 

○主 催:神戸新聞社(地域活動局)
○後 援:日本将棋連盟
○協 賛:きしろ(特別協賛)
○協 賛:サントリー
○棋 戦:内藤國雄杯争奪
     第48回兵庫県アマ王位戦

○対局日:平成30年08月04日
○対局場:明石市民ホール(らぽす5階)
○持時間:各25分、あと一手30秒以内

 ▲先手:奥 田 崇 文
 △後手:浅 田 拓 史

 

仕掛けのタイミング

 

 

  (再掲第07図から)

          △6五歩

   ▲同 歩   △5四歩(第08図)

 

 再掲第07図は、先手が▲3六桂の活用を含みに、▲3七桂と突いたところです。

 さて、後手が、この局面をどう見るか、難しいところです。

 

 と言いますのは、後手は、序盤から「矢倉左美濃急戦」を試みましたが、第07図の局面では、正直急戦が失敗したように見えたからです。

 そのため、私なら、ここで△4四角から△2二王と一旦王を固めるか、△5二金寄から△4四歩、△4三金の高美濃かなと、見ていました。

 

 しかし、ここで、後手は敢然と△6五歩と突きました。

 先手陣は「居玉」かつ「玉飛接近」の悪型。更に▲3九銀も出遅れているため、恐らく今がチャンスと見たのでしょう。

 

 先手▲同歩に、後手△5四歩(第08図)

 

 第07図の局面では、急戦調の将棋が収まったように見えました。

 しかし、そこから、たった3手しか指手が進んでいないのに、第8図の局面では、風雲急を告げる局面となっています。

 将棋と言うのは、実に奥深いゲームなのです。

 

 

  (第08図から)

   ▲6六銀   △5五歩

   ▲7七桂   △5四銀

   ▲3七桂(第09図)

 

 第8図で、先手▲同歩と取るのは、後手△6五桂から△5七歩があるため、先手陣は一気に潰されそうです。

 そのため、先手▲6六銀はやむを得ません。

 

 そこで、後手は△5五歩と待望の一歩を入手します。

 そして、先手は▲7七桂と跳ね、後手からの△6五桂を防ぎます。

 

 そこで、後手は△5四銀で、△4五銀からの攻めを見せます。

 そのため、先手は▲3七桂で、△4五銀の進出を防ぎます。

 

 先後、虚々実々の指し手が続きますが、どちらが読み勝っているのでしょうか。

 

 

  (第09図から)

          △6三金

   ▲6九玉歩(第10図)

 

 第09図、私は、△4四角を予想しておりました。

 特に、正確な裏付け、根拠はないのですが、中央での戦いになった時に△2二角が壁になり、後手の王が窮屈な感じがするのです。

 

 先手からの▲7五歩が少し気になりますが、その場合は△6五桂とします。

 (6五桂に)先手▲同桂なら、後手△6四歩とします。そして、次の△6五歩から△6六桂が痛打となります。

 (6五桂に)先手▲同銀なら、後手△同 銀とします。先手▲同桂に対して、後手次の一手が難しいのですが、玉型の差を頼りに乱戦に導くのです。

 そのため、先手▲7五歩は、少し指しづらいのでは、ないでしょうか。

 

 本譜に戻ります。

 後手△6三金に、先手▲6九玉。

 

 

 さて、第10図、本日も、ここで後手浅田さんの指した次の一手をお考えいただきましょう。

 それでは、明日の第4譜を、お楽しみに・・・。