第48回兵庫県アマ王位戦決勝(第2譜)

 

○主 催:神戸新聞社(地域活動局)
○後 援:日本将棋連盟
○協 賛:きしろ(特別協賛)
○協 賛:サントリー
○棋 戦:内藤國雄杯争奪
     第48回兵庫県アマ王位戦

○対局日:平成30年08月04日
○対局場:明石市民ホール(らぽす5階)
○持時間:各25分、あと一手30秒以内

 ▲先手:奥 田 崇 文
 △後手:浅 田 拓 史

 

手の殺し合い

 

 

  (再掲第04図から)

   ▲2四歩   △同 歩

   ▲同 角   △2三歩

   ▲4六角(第05図)

 

 再掲第04図から、先手は2筋の歩を交換し▲4六角と指しました。

 この手順は、やはり、先手がポイントをあげているように思います。

 

 その理由は、次のとおりです。

 第一に、先手は、2筋の歩を切ることによって、飛筋を通すことができた。

 第二に、先手は、2筋の歩を交換した結果、先手だけが、一歩を手駒にすることができた。

 第三に、先手は、▲4六角で△8二飛に睨みを効かせ、△6五歩からの攻めを牽制できた。

 

 しかし、この手順は「矢倉左美濃急戦」である以上、やむを得ないと思います。

 あとは、後手が、その失ったポイントを、どこで取り返せるかが勝負なのです。

 

 

(第05図から)

          △6二金

   ▲5八飛(第06図)

 

 第05図で、後手は、△6二金と上がりました。

 この手は、還暦を過ぎた棋楽には、どうも、しっくりと来ません。

 

 何故かと言いますと、棋楽が将棋を覚えた頃には「玉の守りは金銀3枚。」とか、「放れ駒は作らない。」と、言われてきたからです。

 したがって、棋楽には、第一感、△5二金右のような手しか浮かばないのです。

 

 理屈として、△6二金は△7三桂に紐をつけ、△8一飛から△6五歩の攻め筋を含みにしていると言う意味なのですが・・・。

 近年、「腰掛け銀戦法」では、コンピュータ将棋やプロの実戦においても、後手△6二金、△8一飛型が、見直されています。

 果たして、「矢倉左美濃急戦」においても、応用が効くのでしょうか。

 

 対して、先手は、▲5八飛と、飛を中央に据えました。

 この手には、少し驚きました。

 

 その理由は、次のとおりです。

 第一に、後手玉は左美濃で、玉頭からの攻めに弱いと思われるので、飛は2筋に置いておきたい。

 第二に、昨日の第1譜でも触れましたが、先手▲3九銀の活用を図りたい。

 第三に、玉飛接近は、一般に悪形とされている。

 

 

  (第06図から)

          △8一飛

   ▲5五歩   △5一飛

   ▲3六歩(第07図)

 

 後手△8一飛は、▲4六角の睨みを躱して、△6五歩からの攻めの含みを作った手です。

 先手▲5五歩は、後手△2二角の効きを止め、かつ、盤面中央を制圧することによって、後手からの攻めを封殺する狙いです。

 

 後手△5一飛は、先手▲5八飛に対抗する手で、場合によっては中央からの反撃を狙っています。

 対して、先手は▲2九桂の活用を含みに、3六歩と進めます。

 

 プロ棋士の将棋では、なかなか狙い筋が実現しないと言われています。

 それは、対局者の双方が、相手方の狙い筋を、消そうとするからです。

 

 アマチュアにおきましても、強豪同士の対戦ともなれば同様なのです。

 本局では、後手が王の守りを簡略化し先手の矢倉に急戦を挑み、先手は中央を制圧し後手の急戦を封殺しようとしているのです。

 

 

 さて、第07図、ここで後手浅田さんの指した次の一手をお考えいただきましょう。

 それでは、明日の第3譜を、お楽しみに・・・。