第48回兵庫県アマ王位戦決勝(第4譜)

 

○主 催:神戸新聞社(地域活動局)
○後 援:日本将棋連盟
○協 賛:きしろ(特別協賛)
○協 賛:サントリー
○棋 戦:内藤國雄杯争奪
     第48回兵庫県アマ王位戦

○対局日:平成30年08月04日
○対局場:明石市民ホール(らぽす5階)
○持時間:各25分、あと一手30秒以内

 ▲先手:奥 田 崇 文
 △後手:浅 田 拓 史

 

天王山をめぐる攻防

 

 

  (再掲第10図から)

          △6四歩

   ▲同 歩   △同 金

   ▲5六歩(第11図)

 

 再掲第10図は、先手が▲6九玉と、43手目にして、漸く居玉を避けたところです。

 これで、局面はやっと落ち着いたかに見えたのですが・・・。

 

 更に、後手の追撃は厳しく、今度は△6四歩と、6筋の位まで奪還しようとしてきたのです。

 すると、先手も▲5六歩と5筋の位を取り返そうと、元アマ名人を相手に一歩も引きません。

 

 ここ数手、膠着状態かと思われたましたが、見る見ると局面がほぐれてきました。

 この中盤のねじり合いは、実に見応えがあります。さて、どちらが読み勝っているのでしょうか。

 

 

  (第11図から)

          △6五歩

   ▲5五銀   △同 銀

   ▲同 歩   △同 金(第12図)

 

 第11図で、後手は△6五歩と、5五の天王山に加え、遂に6筋の位をも取り返しました。

 実に力強い指し回しで、感服いたしました。

 

 先手も、もうこれ以上、引くわけにはいきません。

 局面は、必然の▲5五銀から、△同銀、▲同歩、△同金と、天王山で銀交換が行われたところです。

 

 

(第12図から)

   ▲5二歩   △同 飛

   ▲5三歩   △同 飛

   ▲6四銀(第13図)

 

 第12図、この局面、先手は、後手に一本取られたような局面です。

 次に、後手から△6六歩と、押さえ込まれると、もう支えることができない局面です。

 

 さぁ、ここから、先手の反撃が始まります。

 

 まずは、軽妙手▲5二歩で、後手の飛を吊り上げます。

 後手△同飛は、やむを得ません。

 

 先手は、更に、▲5三歩で、後手の飛を吊り上げます。

 後手△同飛も、やむを得ません。

 

 そこで、先手は▲6四銀と、飛金両取りに、打ちました。

 これで、後手は、もう飛を逃げるわけにいきません。

 

 

 さて、第13図、本日も、ここで後手浅田さんの指した次の一手をお考えいただきましょう。

 それでは、明日の第5譜を、お楽しみに・・・。