第09期加古川青流戦アマチュア選抜大会Aブロック決勝戦(第3譜)

○主 催:加古川市
     公益(財)加古川市ウェルネス協会
     公益(社)日本将棋連盟
○後 援:加古川市教育委員会
○運 営:日本将棋連盟兵庫県支部連合会
 協 力 加古川市将棋協会
     BAN-BANネットワークス株式会社

○棋 戦:第09期加古川青流戦
     アマチュア選抜大会
○対局日:平成31年03月02日
○対局場:加古川市まちづくりセンター
○持時間:各30分、あと一手30秒以内

 ▲先手:天野 啓吾
 △後手:藤原 結樹 

加古川青流戦(アマ枠出場決定戦)

 再掲第07図、先後ともに、1筋と9筋の端歩を突き合ったところです。

(再掲第07図から)
①▲5六歩  ②△7四歩
③▲8八飛  ④△7三桂
⑤▲6七金   △5六歩
⑥▲同 銀  (第08図)

①局面の打開の糸口を求めます。
②含みのある手です。
 補足:少なくとも3つの意味があります。
a.▲7五桂を未然に防ぐ。
b.△7三桂で、桂を戦線に参加させる。
c.場合によって,△7五歩が狙う。

③飛の活路を求めます。
④予定の一手でしょうか。
⑤守りの金が離れるので、強い一手です。
⑥更に、守りの銀を前進させます。

 第07図から、▲5八金と▲4七銀が、ジワリと前進しています。

(第08図から)
       ①△5三銀
②▲5五歩  ③△5四歩
 ▲同 歩   △同 銀 (第09図)

①銀を引いて、態勢を整えます。
②天王山(5五の位)を押さえます。
③天王山の奪還を目指します。

研究手順:
 第08図、後手(△5三銀に代えて)、△5五歩はどうしょうか。

a.先手▲4五銀 の場合は、後手△5三銀と引き、次に△3三桂を狙います。
b.先手▲4五歩 の場合は、後手△5三銀と引き、次に△5四銀を狙います。
c.先手▲4七銀引の場合は、後手△5三銀と引き、次に△5四銀を狙います。

 後手としては、これもまた一局ではなかったでしょうか。

(第09図から)
①▲7五歩  ②△同 歩
③▲6五歩  ④△5五歩
⑤▲6四歩  ⑥△7四金 (第10図)

 第09図から、先手が、やや強引とも思えるような手順で、局面を打開します。

①桂の頭を狙う手筋ですが、やや強引に見えます。
②自然に、△同歩と応じます。
③戦線拡大、▲6五歩と角交換を求めます。
④銀取りと歩を打ち、角交換を拒否します。
⑤後手陣に揺さぶりをかけます。
⑥△同金は、▲8四歩が嫌みです。

 このあたりでは、後手の応手が自然で、自信があったかのではないでしょうか。
 果たして、先手の攻めは続くのか、気になるところです。 

 第10図、本日も、ここで、先手天野さんが指した次の一手を考えていただきましょう。
 では、次の一手は明日の第4譜で・・・。