第32回兵庫県アマ竜王戦決勝(第4譜)

○主 催:日本将棋連盟兵庫県支部連合会
     読売新聞社
○棋 戦:第32回兵庫県アマ竜王戦

○対局日:令和01年05月12日
○対局場:加古川市まちづくりセンター
○持時間:各20分、あと一手30秒以内

 ▲先手:西  淳平
 △後手:天野 啓吾

決めるべきポイント

 再掲第10図は、先手が▲2四歩と飛を取り、後手が△8九桂成と桂を取ったところです。

(再掲第10図から)
  ▲6一飛   △5二銀打
  ▲9一飛成 (第11図)

 第10図、先手は▲6一飛で△5二銀と打たせ、▲9一飛成と香を補充しました。
 これで、先手は桂の駒損を解消したわけです。

 しかし、後手に△5二銀と打たれると、先手が攻め倦んでいるようにも見えます。
 第10図では、先手から▲4四飛と切る手はなかったでしょうか。

 ①後手△4四同歩なら、先手▲2三歩成 以下の手順で、・・・
 ②後手△4四同金なら、先手▲4五歩  以下の手順で、・・・

 先手が、少し良いようにも見えるのですが、如何でしょうか。 

(第11図から)
         △6七歩成
  ▲同 金   △9九角成
  ▲2三歩成  △同 玉 (第12図)

 第11図から、後手は△6七歩成と成り捨て、▲同金に、△9九角成と香を取って馬をつくります。
 この手順によって、以下のような理由で、後手が良くなったように見えました。

 ①△6七歩成の効果で、場合によっては、△6一歩と打てるようになった。
 ②△6七歩成、▲同金の効果で、先手▲5八金を、6七のそっぽに移動させた。
 ③先手から攻撃目標とされかねない△4四角を(9九へ)かわすことができた。
 ④(9九で)馬を作れた。
 ⑤(9九で)香を取れた。

 しかし、将棋とは難しいもの、▲2三歩成、△同玉の局面は、後手が危険だったかもしれません。

(第12図から)
  ▲6六歩   △3二玉
  ▲2七香   △2三歩
  ▲9三竜   △2二銀 (第13図)

 第12図から、先手は▲6六歩で、後手△9九馬の馬筋を消します。
 対して、後手は△3二玉と、不安定な玉を元に戻します。

 そして、▲2七香以下、また先手が攻め倦んでいるように見えます。
 第12図では、先手から▲5四香と打つ手は、なかったでしょうか。

 ①後手△5四同金なら、先手▲4一竜からの手順で、・・・
 ②後手△4四馬 なら、先手▲同 飛からの手順で、・・・

 先手が、少し良いようにも見えるのですが、如何でしょうか。

 第13図、本日も、ここで先手西さんが指した次の一手を考えていただきましょう。
 では、次の一手は明日の第5譜で・・・。