第48回兵庫県アマ王位戦決勝(第6譜)

 

○主 催:神戸新聞社(地域活動局)
○後 援:日本将棋連盟
○協 賛:きしろ(特別協賛)
○協 賛:サントリー
○棋 戦:内藤國雄杯争奪
     第48回兵庫県アマ王位戦

○対局日:平成30年08月04日
○対局場:明石市民ホール(らぽす5階)
○持時間:各25分、あと一手30秒以内

 ▲先手:奥 田 崇 文
 △後手:浅 田 拓 史

 

難解な終盤戦へ突入

 

 

  (再掲第16図から)

   ▲4二歩   △5一金

   ▲7一飛   △6一銀(第17図)

 

 再掲第16図で、先手はすかさず▲4二歩と打ち、後手は時間に追われるように△5一金と躱しました。

 そこで、先手に▲7一飛と打たれ、後手は(△6一歩が二歩となるため、)△6一銀と打たされるようでは、もう万事休すです。

 

 結果論なのですが、後手の△5一金では、△6七銀と、上から被せる手があったかもしれません。

 後手王は△6七銀が質駒となり、頓死の筋があるため怖いのですが、辛うじて詰まないようです。

 そうなると、まだまだ難解な終盤戦が続いていたかもしれません。

 

 ただ、先手も▲4二歩に代えて▲7一飛があったかもしれません。

 斜めに効く駒が入れば詰む形にしておく訳です。

 何れにしても、将棋と言うものは難しく、実に奥深いものだと思います。

 

 

  (第17図から)

   ▲1八飛   △6七角

   ▲5二歩   △5六角成

   ▲5一歩成(第18図)

 

 さて、第17図、先手は、後手に△6一銀と打たせ、一手勝ちを確信したように、ヒラリと▲1八飛と躱します。

 後手は△6七角から寄せ形を作りますが、やはり△6一銀と打たされたのが大きく、駒が少し足りないようです。

 

 第18図の▲5一歩成りは、詰めろです。

 後手は最期の最期になって、自陣の△2二角が、王の退路を封鎖する形になってしまいました。

 

 

  (第18図から)

          △5五角

   ▲6一飛成  △5八歩

   ▲4一歩成  △2二玉

   ▲4二と   △3七角成

   ▲3二と   △同 王

   ▲5二竜   △3三王

   ▲4二銀不成 △2四王

   ▲2五銀   △同 王

   ▲1六銀   △3六王

   ▲5六竜   △4六金打

   ▲6三角   △3五王

   ▲2五金(投了図)   

 

 第18図、後手は△5五角と、王の退路を開けますが、あとは一手一手の寄りとなりました

 

 

 本局は、最期の最期まで、どちらが勝ってもおかしくないような熱戦でした。両対局者とも、お疲れ様でした。

 また当ブログでは、両対局者に多々失礼があったかもしれませんが、何卒、御容赦いただきたくお願いします。

 最期になりましたが、本局を観戦させていただき、大変ありがとうございました。