第48回兵庫県アマ王位戦決勝(第5譜)

 

○主 催:神戸新聞社(地域活動局)
○後 援:日本将棋連盟
○協 賛:きしろ(特別協賛)
○協 賛:サントリー
○棋 戦:内藤國雄杯争奪
     第48回兵庫県アマ王位戦

○対局日:平成30年08月04日
○対局場:明石市民ホール(らぽす5階)
○持時間:各25分、あと一手30秒以内

 ▲先手:奥 田 崇 文
 △後手:浅 田 拓 史

 

難解な終盤戦へ突入

 

 

  (再掲第13図から)

          △5七歩

   ▲同 飛   △5六歩

   ▲5九飛(第14図)

 

 再掲第13図は、先手が連打の歩から▲6四銀と、技を仕掛けた局面です。

 後手は、ここで何か返し技が必要な局面ですが、いよいよ難解な終盤戦への突入です。

 

 まずは、△5七歩。怪しい焦点の歩です。

 先手の応手が難しいところですが、気合いで、▲同飛と歩を払います。

 

 後手は、更に△5六歩と、飛の頭を叩き、追撃します。

 読み筋でしょうか。先手はノータイムで▲5九飛と引きます。

 

 

  (第14図から)

          △4六金

   ▲5三銀不成 △6六歩(第15図)

 

 第14図で、後手は意を決したように△4六金と、力強く先手の角を取りました。

 当然、先手は▲5三銀不成と後手の飛を取ります。

 

 ここで、後手は4六の金取りに構わず、△6六歩と急所に歩を突き越しました。

 いよいよ、終盤のクライマックスが近づいて参りました。

 

 第15図までの局面は、後手の差し回しが素晴らしく、後手が僅かに指せているように見えます。

 ただ後手も、2二の角が壁となっており、先手に駒が入れば、いきなり頓死の筋もあるため、まだまだ難しい局面と言えます。

 

 

 

  (第15図から)

   ▲5六金   △5八歩

   ▲同 飛   △4七金(第16図)

 

 先手は、気合いとばかりに、力強い手つきで、▲5六金と指しました。

 先手陣も怖い形ではありますが、もう金を引いているような状況ではありません。

 

 後手は△5八歩で手裏剣を飛ばし、先手▲同飛はやむを得ません。

 そこで、後手△4七金です。

 

 序盤の難しい局面から、後手は終始打開しながら、漸く先手玉を追い詰めてきました。

 後手、ますます好調です。

 

 

 第16図、本日は、ここで先手奥田さんの指した次の一手をお考えいただきましょう。

 それでは、明日の第6譜を、お楽しみに・・・。